ユーザIDごとの権限付与 ユーザIDごとの権限付与 | 【株式会社プラズモニックジャパン】高輝度モニター/デジタルサイネージの見積もりなら ユーザIDごとの権限付与 | 【株式会社プラズモニックジャパン】高輝度モニター/デジタルサイネージの見積もりなら 
デジタルサイネージソリューション
CaptivADの特徴

Unique Features:

ユーザIDごとの権限付与

セキュアで効率的なワークフローを実現するIDベースの役割管理
ユーザIDごとの権限付与によりログインIDごとに異なるアクセス権を設定することができます。デジタルサイネージネットワークをセキュアに、また効率的なワークフローを高いレベルで実現します。

Role-based Permission(ユーザIDごとに権限付与)


  • CaptivAD ClassicはRole-Based Access Control (RBAC) つまりユーザIDごとに権限を付与する機能を持っています。この機能により複数のクライアントグループからの同時アクセスが可能となります。
  • 権限:システム管理者、グループマネージャー、アップロードマネージャ、コンテンツマネージャ、承認担当者

Authentication security / Private Protocol
(認証セキュリティと独自プロトコル)


  • 個々のプレーヤーとClassicサーバー間の安全な通信を可能にするためMAC Key認証プロセスを採用、システムをセキュアにしています。
  • サーバーとPlayerの間の独自プロトコルにより、お客様が必要とする高レベルのセキュリティを提供します。

Complete Player Log and Report(Plaerログとレポート機能)


  • Playerの動作状況をログとして記録しClassicサーバーへアップロード:スケジューリング、ファイル転送、ステータス、統計やハウスキーピングと呼ばれる不要なデータの削除状況など、総合的なシステムのレビューやパフォーマンス測定のための情報として有用です。

- Back to Top -

PAGE TOP