Pull/Pushネットワーク機能 Pull/Pushネットワーク機能 | 【株式会社プラズモニックジャパン】高輝度モニター/デジタルサイネージの見積もりなら Pull/Pushネットワーク機能 | 【株式会社プラズモニックジャパン】高輝度モニター/デジタルサイネージの見積もりなら 
デジタルサイネージソリューション
CaptivADの特徴

Unique Features:

Pull/Pushネットワーク機能

わずか6秒で登録、PULL/PUSHネットワーク機能
Pull/Pushネットワーク機能は、自動で簡単にプレーヤーを登録管理するための機能です。複雑なネットワーク設定をすることなく、プレーヤーをデジタルサイネージネットワークに接続します。

“PRIME”デジタルサイネージソフトウェアの本機能により、新しく追加するプレーヤーを特定し、既存のプレーヤー登録リストに追加することができます。既設ネットワーク上で使用する場合、もはや高価な固定IPなどの設定は必要ないかもしれません。Pull/Pushネットワーク機能を用いれば、トラブルフリーで現行のネットワークインフラ上にプレーヤーを設置できるのです。

PUSHネットワークデリバリー (LANへの設置)


  • LAN環境へ接続する場合、PRIMEはLANネットワーク内の全てのCaptivADプレーヤーに対してブロードキャストパケットを配信し自動的に登録します。複雑な設定は必要ありません。 - 管理者がすることは上部ナビゲーションバーの<PUSH PLAYER>ボタンをクリックすることだけ、全てのPlayerは数秒のうちに登録されます。
  • TCOの低減に寄与
  • ユーザIDごとの権限付与
  • 大規模案件への適用
  • スマートコンソール
  • HTML5をはじめとする先進のメディアサポート

PULLネットワークデリバリー (要固定IP設定)


  • Player登録ではまずPlayerの属するネットワークのIPアドレスの範囲を特定し、PRIMEは範囲内にある全てのPlayerを数秒のうちに登録します。
  • デバイスに設定された固定IPを使用すれば、インターネット上にあるPlayerであってもリストへ登録可能です。

キーワードグルーピング: simple intelligence


  • 登録されたPlayerはキーワードによって特定することができ、グルーピングしたり特定のプレイリストを組み合わせたりすることができます。
  • 1クリックで同じキーワードが設定されている複数のPlayerを呼び出すことができ、まとめて設定を変更することができます。
  • キーワードは、いつでも追加/編集/置き換えたりすることができます。

簡単Player管理


  • 接続状況、MACアドレス、キーワード、プレイリスト、ファームウェアバージョン、最終接続時刻、ディスプレイ情報などを含む重要なPlayer情報を一覧で確認することができます
  • 専門性の高いIT技術者がいなくてもファームウェアを更新可能
  • Player再起動、スリープモード、輝度やルーティンスケジュール機能など設定可能

- Back to Top -

PAGE TOP