EYESIGN

CaptivAD eyeSign

ディスプレイのトラブルもクライアントが気付く前にスマートに対応

あなたのサイネージディスプレイを見守るスマートガジェット


予期せぬサイネージディスプレイのダウンに気付くまでどのくらいの時間が必要でしょうか。これはデジタルサイネージの保守管理について忘れられがちな、いわばラストワンマイルです。
CaptivAD eyeSignはディスプレイがノンストップで稼働しているかどうかを監視するツールです。この10秒以内でインストールが完了する非常にLightなソフトウェアプログラムはCaptivAD CMSシステムと統合管理されており、一元的にサイネージディスプレイまでも監視対象とすることが可能です。
もちろん、eyeSignは他社のWindows/Linuxの組み合わせで稼働するデジタルサイネージシステムとも組み合わせることができます。

eyeSignの仕組み

1. PnP(プラグアンドプレイ)

サイネージプレイヤーのUSBポートに差し込むだけでeyeSignはすぐに稼働します。

2. eyeSignセンサーをディスプレイに設置する

センサーは特殊な接着シートにてディスプレイの表示エリアの角などに貼り付けます。

3. モニタリング開始

光学技術により、ディスプレイが消えたり、同じ画面で意図せずハングアップしてしまった場合eyeSignは状態を検出し状態を分析します。

4. CMSアラート

分析の結果によりディスプレイの故障の可能性が高い場合、CMSの管理者に状態通知するためアラートを送出します。

Specification

  • USBバスパワー駆動
  • High IR rejection
  • Dark Current Cancellation
  • Temperature Stable
  • 動作時電流値 13.6mA
  • 操作温度範囲 0C~45C
  • レシーバーユニットLight Sensor
  • 照度範囲 0~200 Lux
  • 消費電力 68mW

無料サンプル貸出

We’d Love to Work with you

下記のフォームより無料でサンプル貸出をリクエストいただけます。 その他不明点はお気軽にお問い合わせください。

お名前
会社名
電話番号
メールアドレス
メールアドレス確認

PAGE TOP